仕事で嫌な事があって落ち込んでいる人が”気分が良くなる”5つの思考転換法!

落ち込んだ人

職場で先輩上司から嫌な事を言われて落ち込む事ってありますよね?

僕もそうなんですが、嫌な事を言われると開き直れず気持ちを引きずる事も多いんですよ。

気持ちが立ち直れないと仕事に行くのが億劫になったり病みそうになりますよね?

職場でそんな心ない事を言われて落ち込んでしまった時の『心の整理の仕方&前向きになれる方法』を紹介していきますね。

あいつ可哀想だなと思ってみる

睨む犬の目

嫌な先輩や上司に傷つく言葉を言われたら「この人は、自分がやってる事や言ってる事がわからない可哀想な人なんだ」って僕は思うようにします。

もしあなたが今、心無い言葉によって心が傷ついているなら相手は自分がしている事がわかっていないという訳ですよね?年上ならちょっと残念だと思いませんか?自分より長く生きているのに人の痛みがわからず行動しているのは痛いです。

僕も嫌なことを言われたり嫌な行動をとられたら「この人こんなこともわからない人なんだね」と哀れの目で見る事で妙に納得してしまうことがあります。

人間は劣っている人を見ると自分が優越感を感じる事が出来るので思いっきり哀れの目でみると言う手もありかもしれませんね。

励みになりますよ!

しょうもない上司だ・・・ってね。

 

悩んでいるのはあなただけじゃない

悩む仲間達

人類は過去も未来もずーーーーーと人間が生きている間は、人間関係が続いていきます。

辛い事があってあなた一人で悩んでいるようですが、みんな同じ悩みを持って生きています

悩んでいるのは、あなただけじゃない!

苦しいのは、あなただけじゃないんですよ。

あなたの同僚も同じことを思っているし、隣の会社の人も人は違うけど人間関係で悩んでいます。

僕だって人間関係で悩んでいますし、あなたもそうですよね?

人は主観的に物事を見るので自分だけの悩みのように思えますが、意外とみんな同じ悩みを抱えている事があります。

▼あなたの悩みの主観を変えるお勧めの記事▼

『7つの習慣』をたった10分で完全要約!人生を豊かにできる成功の習慣術

嫌われる勇気で”人間関係”が劇的に楽になるアドラー心理学3つの要点

紙に愚痴を書いて行く

紙に思っていることを書くのも意外とオススメです。

紙に「ふざけんなーーー俺はこう思っているんだ!こんな事いいやがって俺はイライラ爆発しちゃうぞー」など思っている事のすべての気持ちを紙に書く事で気持ちに整理ができるしスッキリします。

ちょっと紙に書いてみました。

不満を紙に書く

あれっスッキリしました(笑)

字が少し汚くて心に闇を感じますが紙に書く事で何かしらストレスがなくなりました!

反面教師だと思う

怒ってる人

反面教師って言葉知っていますか?

反面教師って”人のふり見て我がふり直せ”って言葉聞いた事ないですか?

職場などで「こいつ嫌だな~」「こういう行動を取られると気分が悪いな」って嫌な思いをする事がありますよね?そんな人を見て身を持って学べという事です。

直接嫌な事を感じると「こういう事はやっちゃいけないんだなー」「こんな嫌な気分になるんだなー」って勉強できますよね?

例えば先輩に無視されたら「人に無視されるとこんなに辛いのか?無視はしちゃいけないな..」って学べるわけです。

嫌な気分にはなりますが、考え方では逆に嫌な奴はありがたい先生でもあるのです。

意外と「ありがとう」って感じかもしれないですよ?毎日僕に教えてくれて「ありがとう」そう考えると気持ちが変わってくるかもしれないですよ?

毎日はしんどいですがね(笑)嫌な事だけど学びです。勉強だと思えば少し楽になりますよね!

因果応報を考える

落ち込んでいる人

因果応報(因果応報)と言う言葉は知ってますか?

因果応報とは、仏教の教えで善い行いをしたものは”幸せ”を呼び、悪い行いは”不幸”を呼ぶとされています。

簡単に言えばと”自分がした事は全て返ってくるよ~”って意味です。

「原因が結果を呼び結果は原因なしでは起こりえない」運命は自分が作り出すということですね。

 

例えば

  1. (霊的な因果)いじめっ子だった子が転校する事になって転校先の学校で逆にいじめにあった。
  2. (物理的の因果)かぼちゃの種植えたらカボチャが出てきた。

物理的の因果関係はわかりやすいですが、霊的問題とは宇宙や神の教えの原理で「魂の成長の為」にでも因果関係は起こります。

必ず自分が撒いた種は収穫しなくてはいけません。どんな事もです。

僕の実体験でも高卒で入った会社で先輩に毎日毎日嫌な事を言われていたんですが、数年後嫌味を言う人がうつ病を発症したと聞かされて「バチ当たったか」と思いましたね。そんな風に思うのは性格が悪いですよね(笑)行動がすべての結果をもたらすと言う事です。

スピリチュアル(魂)の話になるんですが、人間の魂は何度も輪廻して魂を磨かれるために生きているとされていまます。

人間って何か学ぶ時は、自分で失敗して肌で感じないと学べないですよね?それと同じでスピリチュアルの世界では魂を磨く事が目的なので、人の辛さや痛みを理解できてない事は実際に自分が辛い目にあって体験しなくてはいけないのです。

「やべっ自分にも悪い行いが帰ってくる」ってなんてビクビクしてますか?一説では、悔いて心から反省すれば災いは起こらないとも言われているんですよ?

嫌な事をされないと学ばないって事で”因果応報”があるわけですね。

嫌な気分な時に考える『まとめ』

  1. 嫌な奴を可哀想だと思ってみる。
  2. 悩んでいるのは自分だけじゃない
  3. 紙に愚痴を書いてスッキリする
  4. 嫌な奴は反面教師だと思う。
  5. 因果応報で天に身を任せる

少しでもスッキリ出来たでしょうか?

嫌な事が起きても考え方次第ですよ?リラックスしていきましょうね(*^-^*)

 

▼おすすめ関連記事▼

 

 

スポンサーリンク
落ち込んだ人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です