なぜ断る勇気がないのか?ハッキリ物が言えるようになる転換思考

断る勇気の画像

誰かにお願い事をされると、いつも断れずに聞いていませんか?

断ると「嫌われてしまうんじゃ?」など不安がよぎってしまい断るが怖いとかありますか?

でも毎回断らずにいると変な話「あの人は断らないから」って利用されてしまう事もあるんですね。それって相手の頼み事ばっかり聞いて自分の時間を犠牲にする事になります。

断る事がどんだけ大事か?断わないとどうなってしまうのか?

これを読めば”断る事がすべてプラスに繋がる素晴らしい事”なんだって感じてもらって、本来の自分の在り方を見つめてじゃんじゃん断れる人になりましょう。

断ってみるととスッキリしますよ?

なぜ断れないのか?

断れない人

断る事が苦手な人は、断ると「嫌われてしまうのでは?」という意識が強く感じるので断りづらい性格になってしまいます。

断ると嫌われる=結果孤独になる(不安)という考えがありますよね?

ハッキリ言います。

断れる人断れない人もどっちにしろ嫌われない人はいないです。

■例えば

人には、好みが十人十色バラバラなので

  • 好き嫌いがハッキリしてて断る事が出来る人は”サバサバして好き”と言う人もいれば、”性格が尖ってて嫌い・付き合いが悪いからヤダ”と言う人もいます。
  • 逆に断らない人は”付き合いがいいから好きと言う人もいいれば、”みんなにいい顔して気に要らない”と言う人も実際にいます。

嫌われる事が必然的な事だと解った上で、さぁ~ここでほとんどの人が勘違いしていることがあります。

断るのが苦手な人に言いたいのが「えっこれは誰の人生なんですか?」っという問いです。

自分は他人の要求を満たす為に生きているのか?”という疑問になります。

他人の為に生きるべきではないと考えるPOINT

・あなたが相手の欲求を満たす為に生きる必要がないという権利があるとすれば?相手もあなたの欲求を満たして生きているわけでもないという事。

★つまり相手も嫌な事は「断る」って事が許されているなら、あなたも同様に断る権利がありますという事。

人間の生き方には2択どちらかになってきます。

  1. 嫌われない為にYESマンになって八方美人で生きるのか?
  2. 嫌な事はハッキリ断って自分を大切にに優先して生きて行くのか?

 

■例えば

職場で定時の時間17時30分に帰ろうと思ったら「これ全部やっておいて」と帰り時間なのに大量の仕事を頼まれた。

「今日は用事があるので他の人にお願いします。」と言うのか渋々「わかりました」というのか?です。

では、この二人の生き方の違いです。

断れない人の生き方

断らない人は、八方美人で多くの人に気に入れられるが2割は必ずあなたの嫌いな人がいる。他人の為に生きる人生になる。

■断れない人の特徴

  • 自分の都合より頼まれごとを優先する
  • 自分の好きな事が出来ない
  • 自分の時間がない

結果・・誰にでもいい顔をする為に全体の2割は必ずあなたを良く思わない人が存在し、自分の時間が全くない。

すぐ断れる人の生き方

断る事ができる人は、自分の気持ちやプライベートを大事にしてるので、一部の人には”付き合いの悪い人”だと思われる。自分を大事にしているので満足した生き方が出来る。

■断れる人の特徴

  • 意見がハッキリ言える
  • 満足した生活が送れる
  • 割り切りができる

結果・・一部の2割の人のは良く思わらないが満足できる生活が出来る。幸福感が強い。

どっちにしろ誰かには嫌われるなら..断っちゃえ!

どっちにしろ嫌われるなら断った方が良い選択じゃないか?と思いませんか?

別に断っても断らなくても嫌われるなら断ってしまえばいいじゃんって事です。

むしろ私達の事をよく思わないと思う人がいるという事は”俺たちは自由に生きているんだ”と証拠じゃないですか?

どっちにしろ否定派は存在するのでそれだったら断って自由に生きる方が最高の選択肢じゃん!って事だと思います。

▼断るのが苦手な人が読む丁寧な断り方▼

断り方の理由なんてたったこれだけでOK!

断らないと自分が不幸になるだけ

断る画像

断らないとデメリットばかりが続きます。断らない事がどんだけ損なのか?よーく考え直す事をおすすめます。

断らないと後悔する

まず自分が嫌だと思う事は断ったほうが良いですよ!後悔する事が多いです。

一度仕方なくだったり断れず引き受ける人って後々自分を納得させようします。

「もしかしたら嫌な事だけど良い事があるかもしれない!これも勉強だ!これが最善だった」ってね。でも実際は自分がしたくない事、やりたくない事、嫌な事をするだけです。

新しい事は経験になりますが、経験済でわかってる事なら嫌でわかっていることをするだけです。断れずにいたらお荷物になる事なります。

断るのにも様々ですが

  • 頼まれごとを引き受けて断りたい
  • 一度は承認したけどやっぱりキャンセルしたい

ケースは様々ですけど断って下さい。

断った方が「あーー断って良かった」って心底安心でスッキリしますよ。

▼後悔に関する記述▼

70%の老人が人生に後悔しているという事

断らないと便利な人だと思われる

断らないと「なんでも引き受けてくれる便利屋さん」というイメージがつき、あなたはなんでもお願いを聞いてくれる都合のいい人になります。

会社で例えにすると、あなたの上司だったり先輩は断れないあなたの事を「あいつは断らない人」と言うリアルな世界でのレッテルを貼られちゃういます。

例えば上司に嫌な仕事をあなたに頼むとして

佐藤課長
23時までにこの書類全部直しといてちょ!俺は帰るにゃ
なみ
でた!ハゲ課長のサービス残業命令かよ~嫌だな・・
なみ
はいっ!わかりました・・

あなたが「嫌だな~」って思っても断らないと言う行動を起こす事によって

上司から見たらあなたは「あいつは、人がいいから断らない人だ」という結果(イメージ)になります。そしてあなたも上司に嫌な仕事を頼まれても断れないじゃなくて断らないって人ってなってしまうの。更に上司は断らないあなたに対して

佐藤課長
今度はこの仕事をお願いよ?
ってまた言うと思うの!以前断らずに引き受けているからね?そこでまたあなたは

なみ
わかりました
と言ってしまう。

知らぬ間あなたの心理状態では「あの仕事も引き受けてしまったし次も断るのも悪いなぁ・・」とか余計な罪悪感を持って新たに頼まれると「わかりました・・やります」と一度引き受けた事で余計に断れずらくなってしまいます。

結局は、あの人のはこの嫌な仕事を任せればいいんだよって自然な流れになってしまいます。

僕も会社で第3者の立場で上司の話を聞いていると断わない人に対してあいつは断らないから何かあれば頼めばいいんだよ~」って言っていて、問題があればすぐ、その人に仕事を頼みに行く様子を何度も何度も見ます。

どこかで断る勇気を持たないと不自由に生きるという事になっちゃいます。

あなたは他人の都合のいい人になりたいですか?

断らない事で恐怖に変わって行く

断われない事がずっと続くと自分のやりたい事が出来ない人になってしまいます。

断る事を拒み続けると自分が「自分は断られない人なんだ」と言うリアルな現実になってしまって本当の自分のやりたい事をする事が恐怖になるです。

簡単に言えば時間が経つたびに引くにも引けなくなってしまう

だってあなたは、好きで嫌な事を引き受けてるわけじゃないですよね?恐怖や見栄だったりで断れないんでしょ?

だから僕は、嫌な事は最初から「嫌だ」と断っておく事をしなきゃいけないと思いますよ。

断らないとあなたの時間だけ奪われる

 

嫌な事は絶対に断らないと自分の貴重な時間を無駄にします

人生80年生きても29200日しかありません。

■例えば

会社とかで「今日残業できる?」「休日でれる?」なんて言われ帰りたいな~って思いますよね?

けど用事があるのに断るのが怖くて「はい出ます」とか言っちゃてないですか?

良く考えてみて下さい・・それって嫌な事なら時間の無駄ですよ?

自分のしたくないやりたくない事をするって事は何の意味もありませんよ。

だって20歳から定年60年まで働いても14610日しかないんです。休日出勤してもその貴重な1日を失うなんて考えられます?

会社のお願いを聞いてもらえるのは『お金と言葉』だけです。その会社に捧げた時間ってのは2度と返ってきません。

親しい人と楽しい約束があるとしても仕事を選んだらそのひと時はもう帰ってきません。

あなたが何を大事にしたいですか?ほんの一瞬の関係の仕事の人の頼みなのか?自分の貴重な時間なのか?相手にわざわざ「はいっわかりました」なんて応える必要もないぞ!

自分がしたくない事を聞くと言うのは損なんだと思って嫌な事は断ってたほうがいいですよ。

断るのは悪い事ではない

断る事は良い事

断るのは、全然悪いことではなく相手の為にもなります。

■例えば

ブラックワンマン会社で、人の事を人間と思わない最悪の上司がいて部下達を虐めてるとします。

怖いけどみんなで「これおかしいんじゃないですか?」「なんで残業代が出ないんですか?」「この日休みなのに僕だけ出勤なんですか?」と最悪な上司に「これは違います」「嫌です」って言ったり仕事を辞めたりします。そうするとブラックワンマン社長も「あれっ」って思うんです。

自分が嫌な事をにはっきり「NO」って言う事で相手にも学びになる事もあるんです。

断る事で相手も思い通りにならないと学ぶと言う事ですね。

自分がおかしいと思った事を言ったり、相手の要望を断る事が怖いかもしれないけど相手の為になると思って断ってみるといいと思います。

断った相手は全然気の毒じゃない

断ったら相手の付き合いにくくなったりしちゃうよね?」なんて思わなくていいです。

実際なんも考えてないもんで。相手はあなたの苦労なんて背負わないんだから・・

それなら自分の今後の為に自分に負荷を与えない為に断ってほしい。

断っても実際なんも気の毒でもないし、相手は「そっかー」くらいで何も思いません。

断れない人は自分が不利な状況になる前に逃げよう

逃げてる画像

断ってもしつこく説得する人がいます。「これが当たり前だろ?」ってね。そして上級者は断れない雰囲気を作ります。

僕も何度か丸められた事ありそれに共通している事は

  • 雰囲気
  • 断れない状況空間にいる(個室)
  • そして説得するたびに複数の人間がいる

相手はあなたが逃げられない空間作り、あなたのメリットだと思わせる事をとことん言って心理戦を使って断われないように仕向けます。

「別にいいでしょ?」とか 「それ普通だよ?」とか絶対いいからと言います。

断る事が出来ない我々は、気持ちが動かされたら終わりです。

断るのが苦手なら見栄とかプライドとか捨てて断って下さい。自分が納得できないなら決断できないなら決断するな!断れ!逃げろ!それだけです。

その場にいてもあなたを丸められて承認して終わるのがオチ!

断る事が苦手なら断り辛い環境から離れて下さいね。

もう断る事がつらいと思う事はやめよう

もう一度言わせてください。

断る=嫌われる、嫌われるのが怖いと思う事はなんも意味がない事ですよ。

僕もYESマンでしたけど結局は、後先気付くと「あれっ俺ボランティア活動をしてる」って思いましたね。

断れないで人の言う事をなんでも聞いても本当になんの意味もないです。

■例えば

大事な用事があるのに会社の上司に「この日は大事なクライアントとの打ち合わせだから休日仕事に出てくれ」なんて言われて

出ても結局は何もありません。むしろ時間の無駄で何も残りません。

仕方なく嫌われたくないから、評価が下がるとかいらない!そんな感情は捨ててしまえ!

なんの意味もないです。

まとめ

  • 人は嫌われる事を恐怖があるけど、私達は他人のお願い事をきいて生きてるわけではない。
  • 断る人、断れない人、どっちにしろ誰かには嫌われる
  • 断らないと自分が不幸になるだけだ(後悔する・便利な人だと思われる)
  • 断らない事で断る事が恐怖に変わって行く
  • 断らないとあなたの時間だけ奪われる
  • 断るのは悪い事ではないむしろ良い事
  • 断れない人は自分が不利な状況になる所にいかない
  • もう断る事がつらいと思う事はやめよう

▼おすすめ記事▼

▼関連記事▼

 

スポンサーリンク
断る勇気の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です