仕事を辞めたい人が「うつ」になる前に・・楽しくないと感じたら危険かも?

「仕事に行けない」「仕事に行きたくない」それを通りこして体に異変が起きてしまっている・・そんな症状が出たら”うつ”かもしれません!

心の病気って弱い奴がなるなどのイメージがありますが実は誰でも発症してしまい治す必要があります。仕事で病んでしまい・・うつなのか?どこで診察してもらうのか?悩みどころだと思います。

会社に行きたくない!」「朝がつらい」「めまいがする」「泣きたくなる」「眠れない」「イライラ」などの症状がでた時のやる事を紹介していきます。



うつになる症状

うつってどんな病気だと思いますか?

  1.  作業の能率が下がった
  2.  ミスが増えた
  3.  集中力が低下している
  4.  イライラする
  5.  元気がない
  6.  ぼーっとする
  7.  食欲不振
  8.  以前からの趣味に興味がわかない・楽しくない

こんな症状がでたら初期症状です!うつの初期症状って気付かない事が多いのです。

「疲れやすくなった」

「何をしてても楽しくない」

「ぼーっとする」

この3つの症状が出始めたら初期症状の鬱かもしれません。

心療内科に受診してみましょう。

うつ重度になるとコミュケーションを取る事すら困難になるので注意が早急に治療することをおすすめします。

ちなみに僕の場合は、「僕なんて必要ない人間だ」「朝が辛い」「仕事にいけない」なんて思うようになりました。

心療内科ってどんなところ?

メンタルクリニック

うつの疑いがあるなら心療内科へいきましょう。

心療内科とは「心身医学科」という診療科目となります。

体にも病気があるように心にも病気があり、心の病気を治療する目的で診療内科とあります。

心のメンタルクリニックです。

精神科と心療内科の違いとは?

精神科と心療内科の違いは、症状によって違い精神的症状か社会的ストレスで体に影響が及ぼしているのか?という事になります。

少し違いを具体的に見て見ます。

精神科の症状 診療内科の症状
不安 下痢になる
落ち込み 頭痛
イライラ 耳鳴り
落ち着かない 胃痛
幻聴・幻覚 全身倦怠感
認知症状 過敏性腸症候群
眠れない

つまり、何かしらの問題で精神的症状が出ている場合が精神科となり、ストレスや社会的影響で身体に影響を及ぼしているのが診療内科となります。

心療内科に受診するにあたっての注意点

診療内科の注意点

診療内科で受診すると決めたら予約をしていきましょう

僕も始めて診療内科へ行ってみたのですが、メンタル系の医療って完全予約制なんですね!

ネットでのホームページとか見てもほぼ完全予約制での診療になります。

僕もこれは知らずに普通に風邪で病院に行く感じでメンタルクリニックに行きましたが「予約制です」と言われ再度帰って電話しました。

中には予約なしの病院もあるかもしれませんが、ほぼほぼ予約での診察なので電話予約して病院に行ってみましょう。



可能性がある心の病気

心の病気とは

突然何かしらの身体症状がでたり、精神的負担で会社に行けなくなったりって事もします。

パワハラなどで心に傷がついた可能性もあるのでそんな心の病気も参考に紹介します。

PTSD(心的外傷後ストレス)

主に戦争や災害、事故やいじめなどを経験すると非常に強い恐怖で無気力感に襲われます。

これらの強い刺激で心が傷付いた状態でいると、フラッシュバックをして眠れなくなるなど原因が起こりえます。

これを急性ストレス障害ASD)《1か月以内》と心身的外傷ストレス障害PSTD)《3か月以上》と呼びます。

これらの治療法は薬物医療と心理援助で治療します。

パニック障害

激しい不安感や、めまい、窒息間、吐き気がピークになると《パニック発作》が起こります。

短時間ですがある特定の状況になると(狭い場所や人間的トラウマ)など恐怖の状態が続くと予期しないタイミングで発作などが起きるのがこの症状です。

治療は、薬物医療と承知行動医療で治療を行います。

うつ病

もしかしたらうつ病との可能性もあります。

  • 眠れない
  • イライラする
  • 思考力が落ちる
  • 食欲もない
  • 気分が1日落ち込んでいる
  • 何をしても楽しむ事ができない
  • 死にたくなる

こんな症状が出ていたら”うつ病”の疑いがあります。

また、うつ病を発症してしまうと「自分はダメな人間なんだ!」「生きている価値なんてない」など考え込んでしまい最悪自殺までしてしまうので周りから心配されたり元気がなくなってきているなら、早めにメンタルクリニックへの診断をおすすめします。

周りから心配されたらうつ病を疑おう
  • 表情が暗い
  • 反応が悪い
  • 上の空
  • 涙もろい
  • 落ち着きがない

 

初期症状だと治療も早いので「元気がわかない」と感じている、周りから心配される事が多くなった..そんな時は一人で抱えずにすぐに対処しましょう。

うつ病を改善するには、専門医に相談して認知行動療法や薬による治療を行い治療しかありません。

心の病気は誰にでもなる

心の病気ってふと瞬間におこります。

ボクサーや格闘家アスリートでもなります。

そして心の病気は悪い事でもありません!

我慢しすぎたり、ストレスの過剰などで起こり得くべき起きた事なのです。

心の病気は、誰でもなるのです。

自分を責めたりしないで下さい。

あなたは悪くありません。ただ頑張りすぎただけなのです。

安心してください。

ゆっくりでいいので治療していきましょう。

 

▼おすすめ記事▼

人生が辛い!そんな時に読む元気になるスピリチュアルな56の神秘的な名言

「直感に生きよ!」マスター・ヨーダから学ぶ”人生の教訓9選”

自分らしく生きるには?僕がはじめた”自分らしい人生”

自信がない人が圧倒的に自信満々になれる方法【まとめ】

僕はこれでやる気を出し挑戦する不安を克服しました。

 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です