死後の世界は存在する!交通事故で臨死体験をし他の世界を見てしまった時の話

僕は中2の青春真っただ中のイケイケ時代、道路に飛び出し交通事故を経験してしまったのですが・・怪我はなかったんだけどね~そこで「交通事故」「幽体離脱」「走馬燈」と同時に3つの経験をしてぶっ飛んだ話~変な世界の洗礼をしたわけで・・

その中で交通事故をするとどうなるのか?痛いのか?幽体離脱から見える世界と死後直後にどんな物が見えるのか?僕の臨死体験から”人は死なない”って事を紹介します。

人間って死ぬときは、痛みはない!

死ぬときは痛いのか?苦しいのか?と言う疑問についてですが、僕は痛くないと思います。

厳密に言うと急な刺激が強い出来事が起きると意識を失うので痛くないです。(意識がある中、人間に意図的に殺されれば痛いですよ)

僕は、中2の時に見通しの悪い道路で時速70㌔の車にぶつかって交通事故に逢いました。

当時の事故は、車に引かれた衝撃で体を飛ばされ頭をコンクリートにぶつけるという出来事に逢いました。不思議と怪我はなかったですが、「あっ死ぬかも」って思い意識を失いました。

僕が痛みに対して感じた事は、意識が飛ぶと痛みは感じない・・そんな仕組みになっている感じがします。実際そうでしたので!意識が戻った時は、激痛でフラフラでしたけどね(笑)

これだけは言えます。衝撃的な出来事が起きると絶対にまともな意識でいられず気を失いますよ。

安心して下さい。俘虜(ふりょ)の事故で自分ではどうしようも防げない死は、痛みを感じることなく死ねると思います。

逆に事故で痛みがあり意識がある場合は、生きれる可能性があるってことかもしれないです。

生まれる時は痛かったですか?痛みなんて覚えてないですよね?死ぬときも痛くないと思いますよ。

死に際に黒い霊?

自分で死の予期は出来ないのか?死に際に黒い霊が(死神)が現れるとも聞きますよね?

前にテレビで特殊能力をもっている人の話で、死ぬ間際の人って顔の辺りに黒い靄のような物が見えて数日後に亡くなっていたなんて話もあります。他にも、死相がでる、覇気がなくなるなどもあるみたいですね

 

▼関連記事▼

↑死神の存在について書いてます。

↑黒い影の疑問について書いてます。

死はなかった

なんと意識がなくなると幽体離脱状態になって肉体から魂が抜けちゃいます。

僕は事故で意識を失った後、気付いたら上から事故現場を見ていました。「うわっ俺倒れているじゃん!しかも人だかりがスゲーー」って上から数秒間見ていました。

肉体から離れていてもそこに意識があって、はっきりと物が見えます。

けど体がないので実感的な物はないです。夢で見ているような・・おぼろげな感じになります。

魂が抜けると・・

  • 時間感覚
  • 物体的感覚

はなくなります。

安心してください。この次元の世界は見え、飛べる透明人間って感じ(笑)

「死ねば終わりなんだよ」と言う人たくさんいるけど・・僕は体が死んでも、意識がありそれなりの死後の世界が存在していと思います。

死は死ではないと思います。体が死ぬだけであって魂という死はあり得ないと思いました。これが死の恐怖に対する人への僕のメッセージです。僕は何故か戻ってきてしまったけど・・「生きたい」って気持ちがあれば戻ってこれるかもしれないです。

意識がなくなった後は走馬燈が起きたり誰か来る

臨死体験をすると走馬燈と言われる今までの出来事の記憶を高速バックフローします。

当時中2の僕でも聞いた事のある言葉である走馬燈とは「こういう事か」ってわかりました。

臨死体験をすると
  1. 走馬燈
  2. 最近の記憶が何回も繰り返される
  3. 誰かと話す。

意識がなくなったら走馬燈が走ります。

本当に目が回るほどの速さで一気に今までの出来事、思い出が頭の中で一瞬にしてグワーッって巡ります。これはマジで初めてジェットコースターに乗ったくらいびびりました。

そして意識が飛んだ時におきた記憶では、ベットで寝ている俺、朝の眩しい日射し、目覚ましが鳴る・・「あー朝か学校に行かなきゃ」ってシーンを5回繰り返します。あれも頭おかしくなりそうでした。

夢なのか?現実がわからなくなるほどの出来事が起こります。その時は覚悟しといて下さいね(笑)

そして誰かが来て「どうする?」って聞かれます。死後の世界は日本語なんですね~!言葉が分かるようにかな?

僕は「確か・・まだ生きたい」って答えたんだと思います。まだ当時14歳だしもっともっと恋愛だってしたいし、やりたい事もたくさんあるし「戻りたい」って言ったんだと思う。14歳で交通事故で息子を失うなんて家族だって悲しむだろうし

そんなわけで走馬燈は、一瞬で今までの出来事を超高速で頭をめぐります。

僕は、14歳の記憶で走馬燈は3秒だったから70歳まで生きて濃い人生なら・・走馬燈は自分の人生を15~30秒で振り返るのかな?

※ちなみに夢で走馬燈を経験するなんてまず絶対ないです。

死後の生活について

死後の世界の生活では、現世でのあなたの今の心境や考えで死後の生活が変わると僕は考えてます。

例えば生きるのが苦しくて自殺して死ぬ事で苦しみから解放されるか?と言う話では、物体的苦しみからは解放されるが

死後の生き方は、あなたの心「恨み、苦しみ、恐怖、不安」のまま生き続けるんではないか?と思います。これが俗に成仏できないって事です。

その証拠として、僕が事故で意識を失った瞬間に頭上10mのところで自分が車に引かれて倒れていて周りに人だかりが集まっている現場を見ていると言う意識ががあるからです。

死んでも意識はある。でも仮に自分の心に平安がない状態で「恨み、苦しみ、恐怖、不安」がある状態で肉体が大破して戻れない状態ならそこに魂が留まるんではないかと?考えました。

つまり肉体のないあなたがこの現世世界に生きる。生きる屍ゴーストですよ・・?

まとめ(記憶が戻ってからの不思議な事)

  • 人間は死ぬ時は痛みがない
  • 死ぬ事は終わりでなかった
  • 意識がなくなった後は走馬燈が走る
  • この世界では見える事が出来ない存在がいる

 

結局は猛スピードの車にぶつかり飛ばされ怪我もなく無事だったけど、一つだけびっくりしたことがあります。

なんと!!!交通安全のお守りがなくなっていた事!!

どこ探してもなかったんのです・・。お守りってマジでマジで守ってくれているんだな~って実感しました。

お守りなんて信じてなかったけど身代わりになってくれるんだなぁ~って実感しました。

お守り効力ありますよ!

 

▼Another Worldの者達の記事▼

▼神の関連記事▼

▼死後を体験すると気付かされる記事▼

 


『ほんとにあった怖い話』でおなじみのスーパー霊能力者が死後の世界について、霊視。それをマンガでわかりやすく解説。未成仏霊が多い場所、お清め、浄霊、人間の死後はどうなるのか、三途の川はどうやって渡るのか、賽の河原はどんなところか、閻魔大王の役割とは何か、地獄とはどのようなところかなど、誰も知らない死後の世界をわかりやすく紹介しています。


 

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • わいも死にそうになた事あるけど、痛い→気持ち悪い(すごい吐き気)→ 気持ちいい→眠い になるで。
    で、3日後とかに普通に寝て目が覚めたような感覚で目覚める。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です