しつこいNHK委託業者には【衝撃】の新しい撃退方法があった。

一人暮らしを始めるとゴキブリのことく来るのが、NHK委託業者!

ハッキリ言って、もうテレビ離れの時代だし・・NHKなんかクソつまらんチャンネルなんて尚更見ない!電波を垂れ流しにしといて見ないのに契約して料金払えなんておかしくないかい?

年に1万以上払うのは痛いし勿体ないので何かないかと探して衝撃的な撃退方法を見つけたので紹介します。

NHK委託野郎は何をしてくるのか?

NHK契約営業マンは、あれやこれやの手を使って契約させようとしてきます。

ご存知の方もいるかと思いますが、彼らのやり過ぎの行動は問題にもなる程度です。

僕の場合1週間にわざわざ4回も来てくれました。

【YouTubeのNHK関連動画より】
これはまだ優しいですが、僕の場合は見た目は体育会系がスーツ着てやくざみたいなのも来ました。

地方の方や田舎の町はのNHK徘徊人は年配のおじいちゃんが多いですが、都市の方は30代40代の油ののった活きの良い人が多いです。

そして彼らは「テレビ持ってますよね?」「義務ですから契約してください」など当然のごとく強引に知ってるのかわからない法律の武器を使って説得、強制的に契約をしてこようとしてきます。

料金は?

では料金はどの程度なのか?

  • 通常  月額1,310円
  • 衛星放送(BS/CS)月額2,280円

 

高い・・・。

これが2カ月分の請求で来るので2000円~4000円の支払いが2カ月おきにくる。

我々庶民的には痛いではないか。

奴らを中にいれたら終わりです。

「お兄さん~NHKは義務なんですよ」なんて言ってきて足をドアに挟まれたら終わりです。一度入れたら契約させられてしまいます。

とにかく話を聞かないで下さい。いれないで下さい。

僕も一人暮らしの時チャイムがなったので確認せずドアを一度開けてしまい、ドアに足を入れられて最終的に渋々契約させられてしまったのでこれだけは気をつけて下さい。

ドアは絶対に開けないで下さい。

一人くらいの方は、ベルに注意して確認してください。

そもそもNHK料金を払う義務はないのか?

まずこの法律↓

【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】

第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。  引用 NHK受信料窓口

2015年3月5日12時29分

NHKの籾井勝人会長は5日午前、衆院総務委員会に参考人として招かれ、「(受信料の支払いを)義務化できればすばらしい。法律で定めて頂ければありがたい」と発言した。高井崇志議員(維新)の受信料についての質問に答えた。

2015年の記事ですが義務できればすばらしい?つまり?義務ではない?

某ネット掲示板では

  • 受信機の設置をしたら、NHKと受信契約を結ぶ義務はあるが支払いについては放送法上、義務とは言えない。
  • 契約したら支払う義務がありますが未契約の状態ではありません。

なども調べて書いている人もいます。

2017年には裁判もあり↓

2017年12月6日に東京最高裁判所大法廷が下した判決により、NHKとの受信契約義務は合憲であるという判断が、日本の最高司法機によって下された。

まだ諦めないでください!納得いきませんよね?では断る方法を探しました!

(衝撃)断る自信がないならNHK撃退シールを自宅に張るといい

  • 基本は業者を入れない。
  • インターホンに出ない。

これだけは心得て下さい!次に居留守を使って暫く何かNHKの手紙が入ってる事があるので確認できたら

【NHK撃退シール】と言う物が無料配布されているらいいのでそれを玄関に張るといいらしいです。←知らなかった・・(笑)

シールは【NHKから国民を守る党】サイト内にメールか郵送で住所、名前を記入して送くれば貰えるみたいです。

・過去の受信料は支払わなくていいから「今から支払って」下さい【放送法64条2項違反】
・今日すぐ登録しないと大変な事になる。【大変な事になるのはNHK集金人の方です。成績が悪いとクビになるのです。今日登録しても10年後に登録しても同じです】
・テレビがなくてもワンセグ機能付きの携帯電話やカーナビを所持していれば契約が必要です【ワンセグ携帯ではNHKと契約する義務はないという判決があります】
・レオパレスなどの家具付きマンションでも契約が必要です。【契約の義務はレオパレスオーナーにあります】
・玄関扉に足を入れて扉を閉めさせないようにする【脅迫罪・住居侵入罪】
・家の前で待ち伏せする【めいわく防止条例違反】
・【帰って】と何度言っても帰らない【刑法130条・不退去罪】
・何度もチャイムを鳴らし続ける【めいわく防止条例違反】
これらはすべてウソの説明や違法行為です。                引用  NHKから国民を守る党サイト

サイトに議員の電話番号まで載っているけどピンポイントで電話に出れるのか?という疑問だけど・・電話に出る事を祈のう。

 

僕は諦めて契約して払ってるけど(笑)あなたに託します。

▼おすすめ記事▼

▼一人暮らしシリーズ記事▼

▼お金に関する記事▼

 

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 足挟まれたら突き飛ばしたりドア蹴飛ばしたらどうなるんだろ
    それかメチャクチャな日本語話すとか

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です